FC2ブログ
09 -<< 2014-10 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 -
 
 公益社団法人日本整形外科学会は、運動器の大切さに対する理解促進を目的に、10月を「運動器の10年・骨と関節の月間」と定め、全国各地で講演会や医療相談な様々な催しを行なっている。その一環として、学会では1995年より毎年、運動器の障害や疾患、その治療や予防などについて記者説明会を実施しており、今年は9月11日にロコモティブシンドロームの要因としての『上下肢(手足)の痛みとしびれ』をテーマに開催した。

 ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)とは、超高齢社会・日本の未来を見据え、2007年に日本整形外科学会が提唱した概念であり、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、もしくは複数に障害が起き、歩行や日常生活に何らかの障害をきたしている状態を示す。上下肢の痛み・しびれは、神経系を保護する「背骨」の病気のシグナルとして表われる場合もあり、注意すべき症状である。下肢だけでなく上肢においても、痛み・しびれは運動機能低下の要因にもなり、結果としてロコモを引き起こす危険もある。

 実際に、説明会を前に、全国の成人男女1030名を対象に行なわれたインターネット調査によると、上肢に痛みやしびれがある人の割合は、全体の3割を占めた。最もよく行なう対処方法として、「医療機関への通院」を挙げる人は1割程度であり、その他9割は「特に何もしていない」「市販の鎮痛薬や湿布」「マッサージ等の民間療法」などと回答。自己判断で放置あるいは対処しがちな傾向があることが示唆された。

 日本整形外科学会の持田副理事長は、「二足動物である人の立位、座位を安全に保つために上肢の機能は大切」と指摘。適切な治療までの期間が症状の回復を左右するため、手足の痛み・しびれが続きながら悪化する時には、専門家である整形外科へ受診することを呼びかけている。健康寿命延伸の観点から運動器の健康維持は重要であり、健康日本21(第二次)において2022年に向けてロコモ認知や足腰の痛みに関して具体的目標が示されている今、上下肢の痛み・しびれのメカニズムや適切な対処について理解を深めることは重要視されている。
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

プロフィール

住吉整骨院

Author:住吉整骨院
患者様に笑顔を提供する整骨院をモットーに長崎市で整骨院をやっております「住吉整骨院」です。肩、腰、膝など、日々の痛みから、ぎっくり腰やムチウチ症に寝違え症、捻挫や打撲や交通事故の傷害からスポーツ外傷など、長崎市近郊で整骨院をお探しの際は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

yoshibig2000@gmail.com yoshi1965