FC2ブログ
06 -<< 2014-07 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 -
 
みなと祭りが、あると言うので

長崎港へ




この空に!

花火が、上がりましたが、写真は撮り忘れました(笑)






スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 70代の母親の様子がおかしいのですが、病院に連れていけないまま、もう2年が過ぎてしまいました──。

 認知症の支援団体「認知症の人と家族の会」東京都支部の代表、大野教子さん(63)が最近、40代の女性から受けた相談だ。

 その女性は両親と離れて住んでいるが、実家に顔を出すたび母親が食品を腐らせていたり、同じことを繰り返したりするので、認知症を疑ったという。だが、それとなく母親に伝えても、「何ともない」と突っぱねられる。父親は諦めた感じで「もういいよ」と言う。病院での受診ができないまま、月日ばかりが過ぎてしまったというのだ。

 大野さんはこの女性に、

「お父さんに協力してもらって、お母さんと一緒にかかりつけ医に行き、医師に夫婦で脳ドックを受けるよう勧めてもらってはどうですか」

 と提案した。女性は一人娘で、今後の介護で両親から頼られる存在になる可能性が高い。そのため、女性と両親との信頼関係が壊れないよう、周りの人の力を借りる必要があると判断したからだ。

「認知症の人と家族の会」は全国に1万人の会員がいる。1980年に設立以来、家族などからの認知症に関する電話相談に応じている。

「認知症の疑いがある人をどうやって病院に連れていけばいい? そんな相談は以前から多いんです」と大野さんは言う。

「82年から2011年までの相談で最も多いのは『介護の方法や精神的援助』について(49%)ですが、次いで多いのが『受診希望』(17%)、つまり病院に連れていきたいがどうしたらいいかといった、家族の悩みなのです」

 医師の受診は、認知症の疑いがある人にとって、病気かどうかの判断を受け、治療につながっていく“はじめの一歩”だ。だがその肝心のスタート地点に、なかなか立てないケースが多いというのだ。

「専門機関の受診が遅れる最たる理由は本人の拒否ですが、家族が受診を無理強いしたことで本人の心が落ち着かず、症状が進みやすくなることもあります。かといって家族が気を使いすぎ、見て見ぬふりをして受診が遅れると病気が進行しかねない」(大野さん)

 本人だけではなく、家族が認知症という現実を受け入れられずに受診を退けたり、家族間で意見が分かれるケースもあるという。

 実は大野さん自身、「嫁の立場」でこの問題にぶつかり、義母の認知症の診断まで4年も要したという。

 それは19年前にさかのぼる。地方で一人暮らしをしていた義母(当時81歳)が交通事故に遭い、それを機に東京に呼び寄せて息子家族と5人で暮らし始めた。

「ところが一緒に暮らすと、おかしな行動が目立つ。認知症じゃない?と思ったのですが、夫に言っても義姉に言っても、『年をとって性格が変わっただけではないか』『病院に行く必要はないと思う』と、取り合ってもらえなかった。嫁の立場では、それ以上は強く言えませんでした」

 だが、その後、義姉が義母と暮らすことになり、そこでやっと「お母さんがおかしい!」とわかってもらえて、病院に連れていくことができたという。その時点で義母は長谷川式認知症スケールの得点が18点。診断は脳血管性認知症だった。

「義母は今年100歳で健在ですが、今は夫と2人の義姉、孫たちみんなで面倒を見ています。私の顔を見ると『何かうまいものはないかい?』なんて聞いてくれますが、早く診断を受けていれば、混乱せずにもっといい対応ができたかなという思いもあります」

 本人にとっても家族にとっても大きなストレスとなる受診拒否問題は、役所や地域包括支援センターなどにも相談することができる。地域に「認知症サポート医」がいれば、支援センターなどの相談にのる。認知症サポート医は05年に国が始めた制度で、かかりつけ医の相談役になったり、必要に応じて専門医につないだりして、地域連携を進める役割を担う。

 勤医協中央病院(札幌市)の名誉院長で06年から認知症サポート医として認知症患者を診る伊古田俊夫医師は、この5年間で10例ほどの「受診拒否」の相談を受けたという。

「受診を拒否した場合、ごく単純な誘導策としては、湿疹があるようだから診察を受けましょうとか、健康診断を受けましょうとか理由をつけて、医療機関に連れていく方法があります」

 たとえば、通院中の疾患があればそれを口実にしてかかりつけ医から専門医を紹介してもらったり、風邪や頭痛をきっかけに受診させて、その際に相談するのも一つの方法だ。いずれも成功の鍵は、「事前」に病院側に相談しておくことだ。

「介護している家族が、『私、頭痛がひどいので病院に行きます。一緒についてきて!』と自らの受診への同伴をお願いする方法もあります。成功率は高くはありませんが、プライドの高い方を病院に誘うにはよいでしょう。これも医療機関側との事前の打ち合わせが必要です」

※週刊朝日  2014年8月1日号より抜粋
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
連休と言えども、特にやることは、なく二日目は、早朝より所用により
目覚め!

久々に アジ子釣りに、一時間ちょいで
ぼちぼちボールに一杯くらい釣れまし

たまには、自然に身をおくのもいいものです!










帰りに、魚市場の中にある!
食堂にて 朝ごはん!

刺身定食900円!
10種類の刺身とフライが付いてました。













オススメですよV(^_^)V
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
今日は、シクラメンのLIVEに行って来ました!







会場では。年長と思われました。

久々に弾けました。

途中、暑くて熱くて倒れそうになりましたが(笑)

帰りに美味しい中華食べて!


http://youtu.be/MOxDd6NzTNQ


この歌!詩がよく元気が、でます!


さあ…明日からまた、がんばるぞ~V(^_^)V


  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
皆さんの ところは、いかがでしたか?


被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

住吉整骨院は、元気に診療しています!

流石に高齢の方は、少ないですが、サラリーマンや学生さんは、休みの人が 多かったみたいで!

空を見上げたら 青空が、出てました!

さあ、頑張ろうV(^_^)V


  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
正しい姿勢


▼壁を利用した正しい姿勢の基本ポジションのチェック

壁を利用した簡単なチェック方法をご紹介いたします。

背中を壁にあてて立ちます。

この時、後頭部・肩甲骨・仙骨(お尻)・踵、が壁につく状態であり、腰の後ろの隙間に、手が入るくらいが、正しい姿勢の目安になります。

図を見ていただくと、脊柱は首から腰にかけて「S字」を描いているのがわかりますでしょうか?

腰の後ろの隙間に、拳が楽に入ってしまうのは、「出っ尻の状態」で、腰椎が彎曲しすぎています。

逆に、手が入らないようですと、「猫背」の状態で、腰椎の彎曲が少なすぎることをあらわしています。
立つときの正しい姿勢・姿勢矯正のためのチェックポイント
体が反り過ぎていませんか?
猫背になっていませんか?
あごをひき過ぎていませんか?
胸をはり過ぎていませんか?
ガニマタで立っていませんか?
片方の足だけに重心がかかっていませんか?


住吉整骨院では 姿勢チェックも行ってます!!
月・水・金は8時まで受付中!!

お気軽に相談下さい!!

℡095-843-4766
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
毎日ぐっすりと眠れていますか。
よく眠れないのは本当につらいことですが、自分が快眠できているかどうかは、起きている時間と眠っている時間の両方でチェックすることができます。

まず起きている時間では「起きたときの目覚めがいいこと」「寝不足感がないこと」「日中に眠くならないこと」「日中活発に動けていること」という条件があります。4つの条件が満たされていれば、快眠できていると考えていいでしょう。

次に、眠っている時間では「寝つきが悪くない」「途中で目が覚めない」「寝ていたい時間まで眠れる」という条件があります。3つの条件を満たしていれば、よく眠れている状態です。

これは、あくまでも判断材料の一つにすぎません。もしすべてに当てはまらないとしても、自分が睡眠に満足をしていれば快眠ができていることになります。

もし睡眠に満足できていない場合や、当てはまる条件が少なかった場合は、自分の睡眠を見直した方がいいでしょう。快眠で特に重要なことは、質のよい睡眠が取れているかどうかです。
質の高い睡眠のためには、寝室の環境を整えたり、生活習慣の見直し・改善が必要です。

寝室の環境については、騒音を遮断する、間接照明などライトをやわらかい光のものにする、寝ていて心地よい寝具を使うなどを心がけるようにしましょう。また、空気を乾燥させない工夫をすることも大切です。

そして生活習慣については、毎日規則正しい生活リズムで暮らすことが基本になります。睡眠前にゲームやパソコンをしたり、夜遅くに食事をする習慣がついてしまうと、体内時計が乱れ、快眠ができなくなるのでやめましょう。

快適な睡眠は、健康な体と心地よい毎日へとつながっています。
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

プロフィール

住吉整骨院

Author:住吉整骨院
患者様に笑顔を提供する整骨院をモットーに長崎市で整骨院をやっております「住吉整骨院」です。肩、腰、膝など、日々の痛みから、ぎっくり腰やムチウチ症に寝違え症、捻挫や打撲や交通事故の傷害からスポーツ外傷など、長崎市近郊で整骨院をお探しの際は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

yoshibig2000@gmail.com yoshi1965