FC2ブログ
02 -<< 2014-03 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>04 -
 
ある時 突然起こる ぎっくり腰

最近は、季節の変わり目で、かなりの人が、来院してます。

チョットした痛みでもほっとくと重症化してなかなか治りにくくなったりしますよ(~_~;)


治療後は



当院のオリジナル手技と物理療法にて痛みが軽減して!
こんな感じにカラダが伸びます!

その人の症状により回数は、治療回数は、差がありますが、この人は一回でした。だいたい二三回治療すると、改善いたします。


その痛み我慢しないで!

月水金曜日は 8時まで受付中!!

095-843-4766
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
長崎の皆様。こんにちは。
住吉整骨院院長の石原義大申します。
この度は、当院のブログにお越し頂きまして誠にありがとうございます。

当院は、痛みの終着駅、元気の発信地という理念を持ち、 患者様の抱えられている症状を治すことに特化している整骨院です。

少しでも多くの患者様の元気を当院から発信できるように日々治療に励んでおりますので、早く痛みを落ち着かせたい方は是非当院に足を運んで下さいませ。

当院の持っている全力の力でご対応をさせて頂きます。



問い合わせ
電話095-843-4766番

初診は、予約優先といたします
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
スポーツ障害の治療法
スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。
RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。
休息(Rest)

患部を包帯などで固定し安静にさせます。
冷却(Ice)

患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。
圧迫(Compression)

患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。
挙上(Elevation)

患部を心臓より高く上げることによりリンパの流れをよくして腫れを抑えます。
また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、 より短期間に治癒することが多いです。

人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、 いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。

スポーツ障害で最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うことです。
そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。

当院では、様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しておりますので、お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。






当院は、
南山高校バスケットボールクラブや
海星高校サッカー部
のトレーナー活動も行なっています。





J2カターレ富山のキャプテン御厨選手も治療に来られました。
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
ストレッチの効果

①ストレッチの効果

ストレッチの効果について説明しますね。

1.筋肉、関節の柔軟性改善

柔軟性が低下した場合、筋肉が硬くなって伸張性が乏しくなり、骨 への付着部分や腱の炎症が起こりやすくなり、そのために腰痛や肩 こり、関節の痛みなどの整形外科的な問題を起こすことになりま す。 それを防ぐためには、ストレッチにより関節可動域を広げ、柔軟性 を高めることにより、運動能力向上などが見られます。

2.筋肉の緊張緩和

硬くなった筋肉は、血管を圧迫したり、変形したりするために老廃 物が溜まりやすくなるために筋肉疲労が取れにくくなります。 特に腰背部の筋肉は、顕著に疲れが溜まりやすいのが見られ、その ためにはストレッチで筋肉をほぐす必要があります。

3.疲労回復促進

運動後にストレッチを行うことにより、硬くなった筋肉をほぐした り、弾性を与えることにより血液循環を促進することによって疲労 回復力を促進します。

4.血流改善

ストレッチはゆっくりと呼吸をしながら行うことにより、筋肉やス ジを伸ばすことによって、酸素供給が良くなるために血液循環が良 くなります。 そうなると、疲労回復だけでなく、冷え性の改善にもつながりま す。

5.神経機能向上

ストレッチは交感神経を抑えて副交感神経を優位にする効果があり ます。分かりやすく言えば、副交感神経は休息している時などに活 発になり、分かりやすく言えばリラックスしているということです ね。

6.筋萎縮の抑制

筋肉を使用しなかった場合、筋体積が減少するために筋萎縮が起こ ります。それを防ぐためにはストレッチすることにより、筋肉内の 血流量が増えることによって筋肉の体積が増加するので筋委縮を防 ぐことができます。

7.筋肉痛の緩和や関節可動域の改善

普段、運動不足になると体の動かす幅が少しずつ小さくなり、その ために手や足などの関節の動く範囲が狭くなります。 同時に運動不足の場合、靭帯や筋肉の伸縮性が失われているため に、あわてて走ったりすると肉離れになったり、足首の捻挫をしや すくなります。そのためにはストレッチで筋肉をほぐしたり、関節 を動かす必要がありますね。

8.身体パフォーマンスの改善

ストレッチをすることにより、1から7の状態の効果が表われ、そ のために呼吸、意識、姿勢、動きなどのパフォーマンスの向上が見 られ、スポーツをする際にコンディショニングが良くなります。

9.障害予防

筋肉は収縮と弛緩を繰り返しながら歩いたり、走ったり、体を動か しますが、同じ動作を特定部位に負荷を掛けるた場合、その部位の 筋肉が硬い状態になって弾力性を失うために特定部位が故障して、 肉離れや痛みなどが起こります。 そのためにストレッチで筋肉をほぐすことによりスポーツ障害を予 防することができます。

10.リラックス効果

ストレッチは、ゆっくりと呼吸をしてストレッチを行うと、心が落 ち着きます。そうなると心身ともリラックスすることができます。

11.若さを保つ

特に中高年になると、筋力が弱くなり、骨密度が低下する傾向があ ります。また、高齢者の場合、多少の歩行でも疲労が強くなる傾向 がみられます。同時に運動をしなくなると、関節を開いたり、閉じ る動作が減るために、体が硬くなったり、老化しまうのでストレッ チで体の筋肉をほぐした り、関節を動かしたりすることが老化を防ぐことにもつながりま す。

上記があり、自身の心身の健康を向上するだけでなく、怪我防止な どの視点で色々とメリットがありますね。

住吉整骨院の治療もストレッチを取り入れてます!またやり方の指 導も行ってますので お気軽にどうぞ!

月 水 金曜日は8時まで受付中!

電話095-843-4766番
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

プロフィール

住吉整骨院

Author:住吉整骨院
患者様に笑顔を提供する整骨院をモットーに長崎市で整骨院をやっております「住吉整骨院」です。肩、腰、膝など、日々の痛みから、ぎっくり腰やムチウチ症に寝違え症、捻挫や打撲や交通事故の傷害からスポーツ外傷など、長崎市近郊で整骨院をお探しの際は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

yoshibig2000@gmail.com yoshi1965